2015.03.25 セカンドラブ
おつ亀さまでした~
大好きなドラマが終わっちゃってちょっと寂しい。

最初のうちはツィートしながらリアタイしていましたが、途中からは
ツィートなしのリアタイ。

台詞以外の一瞬の表情での演技、ダンスでの表現も多くあって
そこを大切にみたほうが伝えたいものを正確に受け取れるかなぁと思ったので。。

とっても美しい崇高な激愛ロマンス・・・
素敵なドラマをありがとうございました*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:♥♡♬*:..。o○☆*゜¨゜゜
ラストもハッピーエンドで、美しいシーンで後味もいいわー(とにかくハッピーエンド好きなのですよ^^)

初回を見た時点では結唯ちゃんの背景をわかっていなかったから
化学の先生で、理系頭さんで不倫して閉塞感持ってる状況に陥ってるっていうのが、
??だったんだけど、父親いない状況で母親が壊れた上に
母娘依存だったら、父性を求めちゃうのもナチュラルかなぁって事で自分の中でクリアしました。

ラブシーンは、あえての控えめの露出も下品にならず、
結唯の思慮深い優しくて理性的な性格にあっている美しい表現だなと思っていました。
慶くんの情熱的な一目ぼれ+女神様ポジだし。。

慶くんと結唯ちゃん
上田先生と結唯ちゃんの対比も面白かったなぁ♪
理系頭さんは淡々と先々のことまできちんと計算できる方が多いから、
このまま突き進むとだめになっちゃうのがわかって理性できちんとコントロール
できちゃうのも、らしいなぁって。

慶くんも自分の世界にはいっちゃってたら時間の感覚なんてないだろうから
1分の連絡もできないのもわかるしね
1分のためにモチベーション途切れちゃったら、今度そこまで持っていけるとは
限らないし
でも結唯ちゃんにしたら理解できないだろうなぁとか
途中ちょっとやきもきしながらみてましたがハッピーエンドでよかった^^

高柳先生と慶くんの職員室でのシーンも興味深かったです。
日本の教育現場で考える成熟とヨーロッパの成熟とは
かなり差があるんだなぁって思ったり、
共依存と自立の違いを考えたりしながらみてました。

別離と再会のシーンも好き~


自信家慶くんは自分の元に帰ってきたと思ってハグハグしたけど
結唯ちゃんのかたさから、別離を察して
結唯のために踊って、
(亀も本当すごいよなぁ。よくこれだけまったく違うダンスを踊りきれるなんて
相当な努力を要していたんだろうなぁ)


『私ハンブルグでもレタスを作るわ』誇りを持って告げた
この一言で夢を語れる自分に成長するため
どれだけ頑張ったか、どれだけ愛してるか
きちんと伝わっているか
不安げな表情。。←健気で控えめな表現でめちゃかわいい。。
(深田さんは台詞以外にも愛くるしい表情の中に、沢山の感情が表現されていて
本当にかわいらしい~*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:♥♡♬(✿ฺ´∀`✿ฺ)♥♡♬*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:)

今時大衆受けする作品じゃないと思うし、制作サイドさんもそこはわかった上で
あえてこの時代にこの作品を持ってきて
お互いに高めあえるひきつけあう激愛、とっても素敵だと思いました
そしてそんな良質なドラマでめいっぱい慶くんとして魅せてくれてありがとう~。

短期間でロイくん、じろさん、慶くんいろんな表情たのしかったです。

また次の作品も楽しみにしていますね♪















マニュアルでお知らせいただいた8話の
安藤さん
 
本当に、安藤さん
 
あぁ…
 
ですね。
 
臓器
廃工場って発想がまったくなかったよ
 
 
たっちゃん、
キラキラオーラを消して、目も充血させて役作りしているのかな(・_・?)
世界を目指していた安藤さんから用心棒と取り立てで
荒れてきている様子がリアルに迫ってくる
(怖いよ~((((;゜Д゜)))安藤さん。
でも
それが安藤さん)
 
たっちゃんは歯のホワイトニングしすぎていないので、そちらも違和感がなくてよいですね
格闘シーンは私にはよくわからないんだけど、きっと本当には当てないようにしているのよね
このスピードでって、とっても難しいことなのでは…
スピード感があって迫力です。
 
 
 
 
あわわ
たっちゃんが、
あの宇梶さんをボコってる
きっと『歩いていこう』を聴いて、集中して頑張ったo(`^´*)のね
 
シュウマイくんへのセリフも、胸が苦しくなるくらい哀しくてせつなくて苦しくて重たくて。。
まるで、アーティスト竜也さまの2012ツアー CHAINアリーナ用ソロ曲
「HANSEL&GRETEL」ワールドみたいだね

 
 
ドラマオリジナルシーンらしいので安藤さん最終回どうなるのか、楽しみです(心配ですの方が適切かしら)
 
予告での
花ちゃんに『お前との勝負はもうついてんだろ』
安藤さんにとっては勝つことが強くあることが重要なのかしら。。
シュウマイくんへの対応が多少やわらかくなったような
 
 
おぉ。。
鈴木さんがやる気だ。
最終回どうなるんだろう
 
 
陣内孝則さんといえば、『極道渡世の素敵な面々』を見に行ったことが思い出されます。
 
昔、ヒロインの麻生さんに似てるで!って言われたわ
 
あ、、
いえ、
勿論、
ビジュアルではなくって
ヒロインの性格。。
見事なずれっぷりが・・・(笑)懐かしい^^
この頃の甲斐よしひろさんの甘くハスキーなvoice、大好物だったなぁ

素敵な・・・ってつくだけあって、極道極道してなくって、
極道系苦手な私でも楽しめた映画でした。
陣内さんは当時から役作りが魅力的な俳優さんですねー。

 
 
 
そういえば
ビートたけしさんが以前、映画監督として、
役者さんについて語ってたのを思い出したよ。彼にとってのいい役者についてだったかな
 
周りと喋ってるより静かにみてるような役者の方がいいみたいなこと
(集中して役作りをしていたり、自分のシーン以外も役のまま、静かにいろいろ吸収してるってことかなぁ)
を話していらっしゃったように記憶してます。
 
役者さんとして日々成長中ですね
 
後1回で終わっちゃうのね。。
次はどんな竜也さんに会えるのかなぁ
シングル出るからKAT-TUNのUさんね
 
 
 
2012.08.21 BOTR
金曜ナイトドラマかなり苦手な内容だけど頑張ってみてまするよー

あまり共感できないんだけど、
それでも田西氏の千春ちゃんとの駅でのお別れのシーンはぐっときました。
まるちゃんの体当たりの演技や
千春ちゃんも1話での「なんでも全力でいかないと、つまんないよ」っていう生き方
それまでのピュアでまっすぐな性格が窺いしれて、、、



4話
これが、攻めることしか考えてない龍のボクシングスタイルなのねーって(*^_^*)
インタビューで語っていた役作りがみれるのは嬉しかったりします。
皆が騒いでいたマウスピースを花ちゃんがつけるのうらやましいって
言ってたシーン私は見落としていた。。。
なんでかなぁ。。
って思ったら、そのあたり龍の髪がヘッドギアから出てて
女の子のお団子ヘアーみたいやなぁって見ていたからだわ( ´艸`)

5話
話としてはもう本っ当に、相当、憤りを覚えるシーンがあったけど
龍さんの演技の見せ場もいっぱいありましたのでそこにのみ触れておこうっと。

回想シーン♪
恍惚
狂気
狂喜
の中、
殴り続けるドエス龍。

セピアの中で、
会長のセリフ
「自分自身をコントロールできないなんてボクサーでもなんでもねー。」
唾を吐き捨て出ていく龍
しゅうまいと映し出される
『変えてもらうのではなく自分を変えられるやつが世界をつかむんだ。アブドゥルキャリーム』
の言葉。
ここのシーンは好き~♪


花ちゃんとの乱闘シーン
瞳に狂気をはらんだ表情や笑い。
たっちゃん、ランナウェイの利ちゃんみたいな悪役やりたいって
言ってたからおめでとーだね。
(私は苦手だけど、役者さんとしていろんな経験して引き出しが増えるのはいいなぁと思います)

くんくんくん。。。
たっちゃんがわんこになってる(*^_^*)

って、
う○○の匂いかいっ。
個人的には
マシュマロのう○○で
甘いハッピーになる香りが漂って皆ハッピー気分になって
めでたしめでたし
みたいなファンタジーのほうが平和で好きなんだけど、
(そうか、それ平和か??そんなファンタジーないだろ。。ひとりつっこみ)
そんなん青年誌やナイトドラマには需要ないもんねぇ。

安藤さん真顔本当に怖いから(笑)


6話
花ちゃんの清楚な恰好ってこの派手ローズカラー。。
にぷぷっっ( ´艸`)てなった
田西氏のパパママほのぼのしてていいわぁ
気合のはいった筆談嬉しいよね♪

安藤さんは毎回ご登場なのねー
厳さんの人を食ったキャラいい味ですねー
アンドリューさんちょっと表情がやわらぎましたね。
来週もご登場みたいで、どう変わっていくのかなぁ。


さすがは竜也さま

サンドバッグたたく短いシーンで
安藤龍の狂喜や天才性など一瞬で表現しちゃうなんて、さすがだわ~


しかし、
かっこよすぎて、もうどうしましょうって感じですね。クラクラするわ


近頃、相当うちひしがれていたんだけど
ふっきれるかも~(。・_・。)ノ
(っていっても私的には大問題だけど、お友だちにはきょとんとされたり
  笑われちゃう次元なんだけどね♪)

たっちゃーーーん
かっこよすぎる♪♪♪


たっちゃーん
大好き
たっちゃんおめでとーだねー♪

クールで熱い天才ボクサー役なんて超楽しみヽ(^o^)丿ホームページはこちら

「ボーイズ オン・ザ・ラン」
2012年7月スタート
毎週金曜  午後11:15~深夜0:15




ボクサー竜也さまがドラマでみれるなんて超嬉しいよねー♥♡♬(✿ฺ´∀`✿ฺ)♥♡♬

個人的に高校の時の同級生が丸ちゃんファンで、ランナウェイみて上田っちの演技好きって言ってて
京セラも一緒に行ったんだけど、まさかこんなにすぐに丸ちゃんと共演の日が来るなんて、

楽しみ倍増♪

ランナウェイで男性好感度もあがったあとに、男性ファンの多い漫画のドラマ化ご出演なんて
いいやん♪♥♡♬(✿ฺ´∀`✿ฺ)♥♡♬
いいやん♪(´∀`*)エヘ
いい感じの流れねー

わーいヽ(^o^)丿
自分が思っていた以上にかなり嬉しいんだけど( ´艸`)


あぁ。。。
でも。。。

たっちゃんは

エッチなシーン

いらないよ
いらないよ
いらないよ
いらないよ
いらないよーー^m^

大事なことなのでいっぱい言うてみました。



続きはお山に遊びに行ったときにネバオバのたっちゃんみつけたから写真撮りました。


虫苦手な方はご注意くださいませ
... 続きを読む
現在の閲覧者数:
Copyright ©Looking ☆上田竜也に夢中☆    All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime