たっちゃんファンというよりはお茶の間視聴者視点で綴っていますので失礼などありましたら
お許しくださいませ。

あっという間の2時間でした。

初め、画面右上のMBSの白文字が暗い画面が多いから妙に目について
私、設定おかしなことしたかなぁってぼけたことを考えて画面から消そうとしていたんだけど、
(お友達に設定の問題じゃないって教えてもらった。今時全国こんなんでるのん?)

途中からはストーリーに引き込まれていました。

伏線の張り方に引き込まれて、さりげないセリフ一言で納得させられてって感じ。
まずアタルと柳川のやりとりで、誰?誰?ってとっても気になって、
空哉の「小学校なんてほとんどいってねーし」って
セリフで空哉の突飛なあほっこキャラにもすんなり納得できたし。


あと大阪人として気になるかな?
って思ってた空哉の大阪弁も取り入れ方のバランスが絶妙でうまいなぁと感じ
まったく違和感がありませんでした。私自身もそうなんだけど、
大人になってからは基本は標準語に近い言葉で話しているけれど、
焦ったり、怒ったり、感情が動くときや、相手が大阪弁だったり、
親と話すときも大阪弁に戻りますね♪

住所も、大阪人がみても違和感ない設定で深いわ~。
WSでみた空哉の、「ほんまかぁ」ではなく
使われたのが「ほんまっすか。めっちゃうれしい」のが自然な感じ。
お母様とのやりとりも違和感まったくなしで、うーーん
たっちゃんかなりテープ聞き込んで役作りでアーティスト竜也さんだったのね。

髪を刈るシーン、タイトルバックのみでさりげに取り入れるセンスもすてきすぎる。

たっちゃんがでてるでてないにかかわらずかなり見ごたえのある面白いドラマで
毎週木曜日がとっても楽しみです。
逃走も、いきあたりばったりなところもかえってはらはらさせられて
引き込まれる感じです。
もともと、アタルの娘が病に侵されたため突発的に脱獄ということになったわけだから、
綿密な計画が練られているとむしろ不自然な印象をうけるような気がするので。。。

ここまでしっかりした作りだと家人と一緒にみても大丈夫そうですね♪
家人、ドラマの言動・行動がおかしいと
「こんな性格で、こうこうこうゆう行動とる人がこの状況でこうゆう反応はありえない」
とか言うから(><。)
ものによっては一緒にドラマはみたくないのよねー
まぁ「テレビのフィクション相手に分析してなにが楽しいん?」
って冷たく返してあげるけど(笑)

「薬で逮捕で、尿検しないものなの??」ってちょっと気になったけど、
でも、冤罪って、そういうことが積み重なって起こってしまう不幸な出来事なのでしょうね。

老若男女問わず楽しめるドラマですね♪

たっちゃん、福岡ロケで演技が格段に磨かれましたね
さすがだわーー
たっちゃんはもちろんだけど、個性あふれる演技派の方ばかりだから触発されるんだろうなぁ

イッチーがたっちゃんに「なんでも聞いてください。いつでも時間とるから」って
熱く言ってくれてたっちゃんもまっすぐに飛び込んで、
みんなで熱く語り合って作ったのが画面からもみてとれます。

初めにホームページを見た時点で、ドラマから日本を元気にします!!
って高らかに宣言していて、実際にとってもハードなスケジュールで地方ロケを
市場や、観光地などで沢山してくれるセンス好きだなってかなり期待していたのだけど、
期待以上のドラマで楽しみです。


くぅたん、テレビ倒れてきても、そのまま演じてるのね^^
役者さんだなぁ♡♡





わーい♡たっちゃん大好き(*^_^*)

Secret

現在の閲覧者数:
Copyright ©Looking ☆上田竜也に夢中☆    All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime