とっても主観的な感想なので読みたい方だけ
続きを読むからどうぞ・・・
登場シーンとギター弾くシーンは気持ちがキャ~ってなっていて
記憶が飛んでいる私・・・勿論、声なんかださない心の叫びだけど。

舞台は苦手とおっしゃるだけあって
大好きなコンサートの時程のオーラは感じられませんでしたなぁ。
まー脇役だから、オーラ消してんのかもしれないけど。
っていっても踊りや動きはやっぱりきれいで、
側転したりと頑張っていらっしゃいました。
ボクシング始められたからか、右ストレートがすっごい速いの・・・
見えないくらいのスピードでした。
で、腹筋がね、もりあがってるくらい鍛えていてすごいんだけどね・・・
(これ書くと他の上田好きさんに顰蹙買うかなぁと思ったりも
 したのだけど、書いちゃう)
前から見たら腹筋割れていてきれいでいいんだけど、
横から見るとね、大胸筋がまだまだ発展途上なので
胸よりもお腹の方がでているの(笑)
う~~~ん、大胸筋も鍛えてくだパイ。

そして演技、昔は台詞棒読みだったという話を
聞いたことがあったのですが、
熱い男を好演されていましたよ。
ぜし、ドラマにもご出演を!!

白タキシード姿のたっちゃんは本当にすてきで
品があるんだよね~~~!!

そして、フライングで頭上を上田さまが~~~
目の前、何十cmっていうところにたっちゃんの足が~~
顔だったら失神していたと思います。

ただ、ドリボsっていうことで、一人一人にスポットを
あてるって聞いていたので、たっちゃんにもも~~~っと
スポットが当たると思っていたのよ。

でも主役亀ちゃん・・・
たっちゃんはあくまでも脇役なんだなぁってことを
今さら気づいた私でした。
(今まできづいてないほうがおかしいってつっこまないでね
 だって、私にとっては常にたっちゃんが主役の盲目愛ちゃん
 だったからしょうがないよ)
たっちゃんのポジションを初めて冷静に見たちょっとせつない時間でも
ありました。(今頃かよ!!)

それと、これは私の個人的な好みの問題なんですが、
エンターティナーとしてのたっちゃんより
アーティストとしてのたっちゃんの方が、
より大好きってことなんだな~と実感しました。

なので、コンサートで作った曲を聴く瞬間が私にとっては
とっても幸せな時間なんだなぁと・・・

だってね、「Love in snow」の、お客さんと共感できる歌
って言葉に心底感動したもん。

舞台は舞台で好きだけど、KAT-TUNらしさが出せる
コンサートが待ち遠しいなって感じです。

☆ジャニーズブログランキングに参加中
☆よろしければ右下リンク欄
☆ジャニーズブログランキングクリックしてください。


Secret

現在の閲覧者数:
Copyright ©Looking ☆上田竜也に夢中☆    All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime