20090502121534
20090502121532
20090502121529
20090502121527
           (1~3枚 大阪 4枚目安曇野にて)





綺麗な音で聴いてから感想書きたかったのです(^-^)

で、こんなに遅くったのはまたまたパソ禁ちゃん。。。
ヘッドスライディングしたのなんて、何年ぶり??小学校ぶり??(っつか普通女の子はしないし。。。)
アスファルトの上でやっちゃったから痛いし。゜(゚´Д`゚)゜。←転んだらしい
ドジを養殖しようとするお嬢さん(M誌)が本気で羨ましい今日この頃。。。
たっちゃんが
天然のドジはかわいいって♡ キャッ..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
嬉しい。。。←相当凹んでるので必死のポジティブシンキング
(かわいいで許される範疇や年齢をとっくに超えてることはスルッとスルーの方向で)
でも砂糖と塩は間違えません。。。
容器もわかりやすく陶器とホーローでわけてます。白砂糖じゃないので色が違うし。。。

「花の舞う街」感じたままの気ままな感想です。

そんなでもいいよぉーっていう寛大な方のみお進みくださいませ。



イントロの最初ピアノでしっとりした始まりから、エレキ、アコギでポップに変わる感じが、
舞台のロミジュリの世界から明るくHAPPYな竜也ワールドへトリップするみたいな感じが楽しいo(^-^)o
竜也ワールドは意表をつく展開があるから魅力がいっぱい  ..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

加工していない高音の声があどけない感じで、実際の上田竜也より若い上田ロミオさまっぽい
感じの仕上がりになっています。
(ノドの調子がよくないといいつつこういう本気の勝負するところが大好きだったりします。
 それでもって、舞台を経て、ノドの調子がよくなってからの歌の世界がとっても
 楽しみだったりします。)

「何かに惹かれるように・・・・・二人胸が震えた」

舞踏会の出会いの美しいシーンが蘇る。
ブルーの美しいライティングの中、惹かれあい、時間が止まったかのようなシーンが
鮮明に蘇ります。

「あどけない顔が大好きで」で結婚式の幸せな笑顔が蘇ります。

「君の想うことは・・・・・」
ドラムとギターのこぎみいい音が生命の躍動感や生きる喜びを表現してるようで
爽やかな感じがココチいい。
ライブで熱唱したら、また感じ変わるんだろうなぁ。
観劇された方で中には何故ジュリエットがロミオに惹かれたかがあまりよく
わからなかったとおっしゃる方もいらっしゃったみたいで、
その辺りもこの歌詞でわかりやすくしていて、たっちゃんらしいなぁ。

悲しいシーンもよぎってせつなくなっちゃう部分もあるけど、
舞台がマンチュアではなくべローナってことは
追放になる前。。。マキューシオもティボルトも生命をおとすことなく、
4人の死という大きな代償を払った上で築きあげた平和ではなく
若い人達の純粋な愛によって、築き上げた平和っていう世界観で
作っているのかなぁ・・・。

それとも、ロミオが儚くなってしまう前に走馬灯のように、夢としてあらわれた
幻影の世界なのかしら。。。


・・・春の風に・・・・・・・ぎゅっと逃がさぬように。。。
までの優しい優しい綺麗なピアノの音色が、ひらひらと風に舞う花びらに包み込まれるような感じが
大好き♪



・・・時に引き裂かれてゆく・・・
と、最後の歌詞
・・・そんな夢をずっと~・・・・
とラストの音ホワンホワンってあぶくのような音色が
厳しい現実と、夢・・・って言う余韻を残してなんともせつないような儚いような。。。


座長さんの優しさや、ロミオとジュリエットという作品に対する愛情や
Japanese Romeoさまとしての生命や平和に対して確固たる信念を持った
メッセージ性を大切にしているところや、
若い子たちへも、わかりやすい表現、良質の感動を大事にする姿勢、
情景が目に浮かぶ表現力。。。
そして、自身の生き方で、多くのことを示すところが、大好きだなぁ。。。って。




たっちゃん、素敵な曲をありがとう*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:
たっちゃん、大好き ♥♡♬(✿ฺ´∀`✿ฺ)♥♡♬

ドームでの演出がとっても楽しみです。

Secret

現在の閲覧者数:
Copyright ©Looking ☆上田竜也に夢中☆    All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime